株式会社アムデック
0790-24-3601

受付時間 8:00~17:00(平日)

スタッフブログ

blog

2019.05.31

レポート

昨年の春頃から所属するテニスサークル(KT-Fun)で女性部の監督の様な立場を任されていることは、このブログで何度か書いています。

 

そこに所属している女性達が試合に出場する時は可能な限り見学して、その場でアドバイスや考え方を伝えたり、他の人の試合を一緒に見ながら普段の練習時に言葉だけではどうしても伝わりにくい事なんかを解説したりするようにしています。

 

 

こんな自作ボードも使います。

 

その中に1人、もの凄い熱心に質問を浴びせてくる女性がいます。

自身の試合後なんかはいつもLINEで質問攻めの嵐に遭います。

彼女はサークルが立ち上がった時の初期メンバーで、全くの初心者からのスタートでした。なので、僕にとっても特に思い入れの強いメンバーでもあります。

 

年明け早々に彼女が出場する試合を見学した時にアドバイスを求められたので、

口で説明するより紙に書いた方が分かり易いな

と思ってレポートに手書きの絵も挿入して纏めたところ非常に好評(コピーして友人と共有し、持ち歩いているようです)でした。

 

その彼女が先日、近所で試合を行う事になったので観戦に訪れました。

翌日、そろそろ来るだろうな、と思っていたら案の定、来ました。

アドバイスを懇願するLINEが。

 

第二弾のレポート作成の始まりです。

試合内容の要点はスマホのメモに打ち込んであったので、後はそれを理解しやすいよう文章や絵に纏めるだけです。

 

こうやって自分でレポート作成をやってみて思うのは

口頭での指導には限界がある

聞いている方も真剣ではあるが、やはり忘れる

拙い文章や絵でも、口頭のみより遥かに伝わり易い

 

人に何かを伝えたり指導するには仕事でも趣味の領域でも同じ様な手順を踏まなければならない。

テニスの現場では、コーチや上級者が口頭でダラダラ一方的に教える場面をよく見ますが、これだけでは時間を掛けたほど伝わらない。

ほとんどが教える側の自己満足で終わってしまっているように感じます。

 

僕がやるからにはそこらの人と同じ様な事はやらない

皆の一歩先を行くような事を考え、実践して喜んでもらう

 

毎月1~2回のレッスンも無料で行っていますが、料金を払いたいという申し出まであります。

コーチやスクールに対する指導内容の不満もよく聞きます。

 

人に何かを伝えるのは本当に難しい。

アマチュアプレーヤーの僕ですらこのぐらいの事は考えてやっているので、本職の方はもっともっと工夫が必要だと感じます。

2019.05.29

試してみた

先日、とある目的があって大阪の堺まで日帰り視察出張してきました。

 

もう2年ぐらい悩んでいる事柄で『これだ!』と思うものを見つけ、実際の現場を見学させてもらいました。

帰社してから皆で推敲した結果、その目的は見送る事にしました。

 

遠くまで訪問したのにお互い残念ですが、業務の根幹に関わる事なので妥協は出来ませんでした。

その際に、自分が頭だけで考えていた事を皆に話し、意見を出し合って今後の方向性を見いだせる事が出来たのは非常に良かったです。

 

そしてもう一つ良かったことが…

そこの事務所では、図面や書類を色付きのケースに入れて管理していました。

そのケースに入れておけば各担当者が必要な時に確認して処理していくシステムです。

 

いいね!』と思ったら…

すぐやります!

 

翌日ケースを大量に購入して

 

 

業務内容によって色分けしてみました。

 

これまでは色んな場所に点在していた図面が一カ所に纏まり、管理しやすくなりました。

そして、これまで各担当者の机の上や横に置かれていた書類がこちらに置かれることによって見た目が非常にスッキリしています。

 

後工程の人間が必要な分だけ取りに行く

 

工場に於ける生産管理の基本ですね。このシステムを事務所にも導入できました。

 

遠くまで出張に行き、手ぶらでは帰りません!

何かしら得るものを見つけて来ます。

2019.05.22

唖然とする

日本の工作機械は精度や使いやすさを含めて世界一だと言われています。

 

最近もそんな記事がヤフーニュースに掲載されていました。僕もこの業界に携わるようになって、その考えに同感するようになっていました。

ですが、最近当社で起きたトラブル対応でその評価に当てはまらないメーカーがあることが分かりました。

 

以前の会議で、MC(マシニングセンタ)の担当者が

 

なんか、夜退社する前と翌日の朝でY軸がずれているようだ

 

と発言しました。

 

そんなわけないだろう

 

まぁ、普通はそう思いますよね。

 

 

一週間ほど毎日、帰社する前と翌日にY軸を測定してみる事にしました。

 

その結果…

 

0.04mmほどずれている!

 

大慌てでメーカーへ連絡を取り、18日の土曜日に検査してもらったところ、やはりずれている!

しかも2台ともです。

サービスマンが調べたところ、主軸が傾いているとのことでした。

 

 

下記が、世間では一流工作機械メーカーと言われているオ〇ク〇さんの言い分です。

 

◇弊社の機械は±2℃の環境下で使用しないと精度保証は出来ません。

朝は気温が低いので傾いているのでしょう。

※5月18日の気温は最高気温26℃、最低気温16℃

 

アホか…。どの面下げてそんな間抜け回答をよこすのか。

 

 

主軸が傾くという工作機械メーカーの企業の根幹を揺るがすような大問題が発生しているというのに…。

全力を挙げて原因究明に取り組まなくてはいけないことだろう…。

 

自分達の仕事や製品に、誇りもプライドも無いからこの様な回答が平然と答えられるのでしょう。

普通の感覚なら恥ずかしくて前を向けません。

2m隣にあるOKKさんのMCは当たり前ですがY軸がずれたことなど一度もありません。

当社工場はエアコン完備です。

 

弊社の様な全国に存在している小さな部品加工会社がどの様な思いや理念を持ち、導入の意思決定に悩みに悩み高価な工作機械を購入していると思っているのか。

2017年4月8日のブログで工作機械メーカーのカタログについて書いているなかでも取り上げていますが、販売を商社任せにしているので顧客の顔が全く見えていないのです。

 

時々、大企業が突然経営破綻したりしていますが、こういった問題を放置しているのでしょう。

どうやら日本には3流どころか4流の工作機械メーカーが存在しているようです。

気を付けましょう。

2019.05.16

ホッとした

4月後半から受注状況が芳しくなく、ちょっと心配していましたが、今週ぐらいからいつも通りに注文が立て続けに飛び込んで来てホッとしています。

 

今期の前半戦も好調を維持して来ているのでこのまま10月の決算まで走り抜けたいところですが、今後の経済情勢はあまり楽観視できなさそうな感じですね。

報道でも景況感は落ちて来ているとのことで、近辺で誰に聞いても同じ様な答えです。

 

今後が非常に気にはなるところですが、先ずは今ある仕事をミス無く確実に仕上げていく事が最優先です。焦るとロクな事がありません。

じっくりどっしり構えて落ち着いて…。

 

そんな最中、先日当社のHPを見て、転職を考えている若い方から

正社員を募集していませんか?

との問い合わせを頂きました。

 

勇気入りますよね、こういう積極的な姿勢は大好きです。

すぐに面接の約束を取り付けました。

 

相手の方の希望もあることなので、面接後にどの様な結果になるか今は分かりませんが、HPの効果が少しづつ現れて来ているようで嬉しくなりました。

2019.05.13

ツボサカ機鋼さん

土曜日は朝から

ツボサカ機鋼さん

http://www.tsubosaca.com/

 

の恒例行事TBフェスティバルに行って来ました。

 

 

最高の天気です。

 

9時ごろ到着しましたが、既に大勢のお客さんが来られています。

僕のお目当ては、いつも購入する観葉植物とお花です。

 

 

どこから仕入れているのでしょうか?相当安いです。

食堂にも一鉢置いてみましょう。

 

朝食を摂っていなかったので…

 

 

おでんを頂きました。

 

社長はイベント好きのアイデアマンです。

 

色んなことを取り敢えずやってみよう精神

 

は見習うべき点だといつも感じます。

1 / 212
お問い合わせ
ページトップにもどる