株式会社アムデック
0790-24-3601

受付時間 8:00~17:00(平日)

社長ブログ

blog

2021.03.26

500件目!

今年の1月6日の投稿で書いていましたが、この投稿が500件目の投稿になります。

区切りの良い数で、一応記念にはなるのでしょうか?

 

元柔道部なので先日飛び込んで来たニュース、古賀稔彦さんの急死についても後日書きたいと思いますが、今回書くのは以前も紹介している僕のバイブル

 

藤原伊織

シリウスの道

 

 

 

2017年1月14日にも紹介しています。

この作品は別の作品の重要な登場人物も登場したりする、確かパラレルワールドっていうんでしたか?それもまた一つの楽しみとなっています。

誉田哲也さんの小説もそういうのが多いですね。

 

今回の投稿で書く為に再読しました。これまでに、もう何回読んだか忘れましたが…。準主役と言っても良い、閣僚の息子でコネ入社しアホボンだと皆から見下されていた戸塚が泣かせる!

 

で、何故この本が僕にとってバイブルなのか?

主役の辰村だけでなく、登場人物達のプロの仕事とはどういうモノなのかという、心にグサグサ突き刺さる名セリフが沢山出てきます。

 

会社の看板の威光を自分の能力と混同するアホと一緒にされたくない。

数字は頭に叩き込んでおく。

世の中で一番偉いのはネジを作っている人。

仕事をやるときは背筋を伸ばして胸を張れ。相手の会社より図体がでかいからではなくそれがまっとうな仕事のやり方だから。

社長は組織倫理重視。自分の好みより、そっちのありうるべき姿を優先。社員であれ権力者であれ自分が好かれようなんてことは念頭にない。組織が機能する事しか考えない。

 

等々…。

一流になれるよう努力します。

2021.03.25

事業再構築補助金説明会

昨夜はタイトルの説明会に参加して来ました。

日中は常に予定満載なので、夜に開催してもらえるのは非常に有難いですね。

 

この補助金、今年に入って概要が発表された途端、あちこちの業者から利用促進の誘いを受けていました。

 

皆、言うてました、

 

初めての補助金で予算消化もしなければならないので、通り易いです!

 

言われなくても分かってます。

高額製品の販売チャンスと見て盛り上がる気持ちは分からなくは無いですが、話を持って来る人も概要をざっと見ているだけで詳細までは見ていない人がほとんどです。

 

僕はこれまで何度も補助金や助成金を頂いて来ましたが、そんなに簡単に貰えるようなもんではないことも知っていますし、年初から商工会や金融機関の担当者さんとこれについては何度か話をしていて、皆が言うほど簡単なものにはならないという結論に至っていたので、『はいはい』と聞き流していた次第です。

 

で、昨夜の説明会。

利用できないだろうとは思っていましたが、知識を得るために参加して来ました。

 

まだ審査項目が発表されていない段階ではありましたが、詳細まで聞く事が出来ました。

結論から言うと…、はり難易度高し!です。

説明会後の質疑応答で質問が一つも出なかったのがそれを表しています。

 

対象にすることが出来れば言われているように、審査は通り易いのかもしれませんが、その規定に合わせるのが当社ではやはり相当難しそうでした。

大半の参加者も詳細説明と書類の書き方でそう感じたと会場の雰囲気で分かりました。

 

しかし、収穫が無かったかと言うとそうでも無くて、そうであると確認できた事がまず一つ。

そして説明の中で出たのですが、自社の事業形態を俯瞰図で表してみるというところに興味を覚えました。

数字と共に図に表すことで誰にでも理解しやすくなり、売り上げに占める偏りや、今後伸ばしていけそうな新分野の発見に繋がるかもしれません。これは簡単に出来ることなので、近日中にやってみようと思っています。

 

この補助金は二年間に渡って実施されます。

現状では当社は対象にさせることが難しそうですが、上記の様なものを作成しながら新たな分野にチャレンジする機会を探っておくことはプラスになることですし、今後知恵を絞れば良い案が出て来るかもしれません。

2021.03.18

ひょうご産業活性化センター

昨日は、ひょうご産業活性化センターの某業務担当者様に当社へお越し頂きました。

 

約二か月前に福崎町商工会を通じてアポを取り、今回は顔合わせとヒアリング(面談)を受ける予定になっていました。

まだ詳しくは書けませんが、企業価値を向上させる事柄なので詳細が決まれば書きたいと思います。

一応ヒアリングのなかでは問題ないだろうとの判断を頂いたので、一安心。

 

本題以外にも様々な項目に関する意見交換や、業界の様子をうかがうことが出来、有意義な面談となった事が非常に有難いです。

いつも書いていますが、独りよがりの考えに凝り固まらないように外部の人に会社を見てもらい、意見を交換する機会を持つ事は大切です。

 

間違いを正してもらう

正しい方向性であるかどうかの確認

業界の動向

当社からの様々な要望

 

これまでも色々な方々と話し合う機会がありましたが、上記の四点はいつも気にするようにしています。

 

お互い貴重な時間を使うのですから、自分にとって良い収穫を得ようと努力しなければなりませんし、相手の方にも収穫のある時間の使い方だったと思ってもらわなくてはなりません。

2021.03.14

完?:アイドリングストップ

2020.11.7続:アイドリングストップ

 

というタイトルで書き込みしています。今回はアイドリングストップネタの最終回にしたいと思う出来事がありました。

 

二年前の二月に僕の車が納車され、先月に一二ヶ月点検を行いました。

業務使用もするので年間二万キロ以上走りますが、タイヤの溝が残り少なくなっている以外は何も問題がありませんでした。

 

購入した当時、神戸の友人も一ヶ月違いで偶然全く同じ車を購入していました。

先月会った時に車の話になったのですが、既にバッテリー(タイヤも)を新品に交換済みとのことでした。

走行距離は僕とほぼ同等でしたが詳しく聞いてみれば、やはりアイドリングストップのスイッチは常にOnだったようです。

 

スイッチがOnのままだと新車のバッテリーが二年持たないのです。昔の感覚だとありえないですね。

因みに僕のバッテリーはあと一年以上は余裕で持ちそうです。

ということで、偶然の実証実験の結果が出ました。

 

このアイドリングストップネタは来週の朝礼スピーチ(仕事ネタ禁止)が僕の順番なので、思考の整理も兼ねて書いてみました。

2021.03.08

WLBセミナー

兵庫県のWLB(ワーク・ライフ・バランス)認定企業を目指すにあたって、姫路支部のコンサルタントさんのセミナー&簡易ワークを、先日社員皆で受講しました。

事前に資料を配布して一読するように指示を出していましたので、理解はし易かったと思います。

 

WLBは自分の人生に直結してくる事柄ですので、皆が関心のあるテーマだと思っています。

 

単に残業減や有給消化にとどまらないWLBの奥深い内容に、僕だけだけではなく考えさせられることが多かったのではないでしょうか?普段考えない様な事を考え、拙くても意見を出し合う事が重要です。

 

そして、

 

このようなセミナーを会社が開催しているのだから、もっと色々意見を言ってみよう

 

と、なっていくような環境(風土)をつくっていかなければなりません。

各企業に於いては社員数や世代、性別、業務内容、そんな違いが色々とあり、取り組み方は様々なアプローチがあると思えます。

 

セミナーを受講して僕が最後に感じたのは、

 

お互いの能力を認め合う

 

でした。

 

良い面、改善するべき面、両方含めてです。

その為には、この人はこういう人なんだとお互いが理解し合えることができなければなりません。

結局はコミュニケーション環境というところに落ち着くのかもしれませんね。

2 / 10112345...102030...最後 »
お問い合わせ
ページトップにもどる